ボヘミアの醜聞で英語学習

シャーロック・ホームズ:ボヘミアの醜聞

ボヘミアの醜聞:作者:サー・アーサー・コナン・ドイル

ボヘミアの醜聞で英語学習の目次

シャーロック・ホームズの冒険シリーズのNo.1:ボヘミアの醜聞の総合ページで、英文の音声と英語の語順の日本語と英文がある格セクション・パートへのリンクページです。

格セクション・パートのリスニングページへのリンク

001 ボヘミアの醜聞・セクション1・パート1
至る、シャーロック ホームズ、彼女は状態、いつでも あの女性。
To Sherlock Holmes she is always THE woman.

002 ボヘミアの醜聞・セクション1・パート2
私は、ほとんど見かけたことがなかった、部分 ホームズ、最近。
I had seen little of Holmes lately.

003 ボヘミアの醜聞・セクション1・パート3
ある夜、あれは、状態だった、接触、the 20日、部分 3月、1888年、私は帰りつつあった、・・・
One night, ―it was, on the twentieth, of March, 1888, ―I was returning・・・

004 ボヘミアの醜聞・セクション2・パート1
彼の態度、状態ではなかった、大歓迎。 大歓迎は滅多になかった、:しかし、・・・
His manner was not effusive. It seldom was; but・・・

005 ボヘミアの醜聞・セクション2・パート2
「単純だよ、それ自体、」言った、彼が、「僕の目が教える、僕に、次のこと、接触、 the 内側・・・
It is simplicity itself,” said he; “my eyes tell me that on the inside・・・

006 ボヘミアの醜聞・セクション2・パート3
「そうだろうね、」彼は答えた、火をつけながら、ア、タバコ、そして、・・・
“Quite so,” he answered, lighting a cigarette, and ・・・

007 ボヘミアの醜聞・セクション3・パート1
「僕は持っていない、情報、まだ。
I have no data yet.

008 ボヘミアの醜聞・セクション3・パート2
The 名前、部分、the 製作会社、いや、違うか・・・
The name of the maker, no doubt・・・

009 ボヘミアの醜聞・セクション3・パート3
同時に、彼が話したと、あったのである、the 鋭い音・・・
As he spoke there was the sharp sound・・・

010 ボヘミアの醜聞・セクション4・パート1
ア、男が入ってきた、その男は状態ではなかっただろう・・・
A man entered who could hardly have been less・・・

011 ボヘミアの醜聞・セクション4・パート2
「お掛け願います。」言った、ホームズ。
“Pray take a seat,” said Holmes.

012 ボヘミアの醜聞・セクション4・パート3
「君たちには許してもらいたい、この覆面、」
“You will excuse this mask,”

013 ボヘミアの醜聞・セクション4・パート4
「もし、陛下、直接してくださるならば・・・
If your Majesty would condescend to state・・・

014 ボヘミアの醜聞・セクション5・パート1
「The 事実、状態、簡単にこうだ、およそ5年前・・・
“The facts are briefly these: Some five years ago・・・

015 ボヘミアの醜聞・セクション5・パート2

016 ボヘミアの醜聞・セクション5・パート3

017 ボヘミアの醜聞・セクション5・パート4


ページトップへ戻る