ボヘミアの醜聞・セクション5・パート2

シャーロック・ホームズ:ボヘミアの醜聞で英語学習 No.15

ボヘミアの醜聞:作者:サー・アーサー・コナン・ドイル

セクション5・パート2:リスニング

s5-p2-001

「まさにそうだ。しかしどうしたら・・・」
“Precisely so. But how―”
「したとか、ア、秘密の結婚」
“Was there a secret marriage?”
「ない。」
“None.”
「ないですか、法的な書類や証明書?」
“No legal papers or certificates?”
「ない。」
“None.”

s5-p2-002

「それでは、私は出来ません、到る 手伝う、陛下。 もし、この若い人物、使用したとしても、彼女の手紙、対象、恐喝やその他の目的、どうやって、彼女はできますでしょうか、到る 証明する、それらの真偽?」
“Then I fail to follow your Majesty. If this young person should produce her letters for blackmailing or other purposes, how is she to prove their authenticity?”

s5-p2-003

「あるのだ、the 筆跡が」
“There is the writing.”
「ハッハ、偽造できます。」
“Pooh, pooh! Forgery.”
「私の専用便箋。」
“My private note-paper.”
「盗まれたもの。」
“Stolen.”
「私の独自のふうかん」
“My own seal.”
「偽造ひんでしょう。」
“Imitated.”
「私の写真。」
“My photograph.”
「買ったもの。」
“Bought.”
「我々がいる、両人とも、中 the 写真。」
“We were both in the photograph.”

s5-p2-004

「なんとまあ! それはまずいです! 陛下、まったくもって関わってしまわれました、an 厄介なこと。」
「私は狂っていた、愚かだった。」
“Oh, dear! That is very bad! Your Majesty has indeed committed an indiscretion.”
“I was mad, ―insane.”

ボヘミアの醜聞:セクション5・パート2:英文全文(PC音声)

s5-p2-005

“Precisely so. But how―”
“Was there a secret marriage?”
“None.”
“No legal papers or certificates?”
“None.”
“Then I fail to follow your Majesty. If this young person should produce her letters for blackmailing or other purposes, how is she to prove their authenticity?”
“There is the writing.”
“Pooh, pooh! Forgery.”
“My private note-paper.”
“Stolen.”
“My own seal.”
“Imitated.”
“My photograph.”
“Bought.”
“We were both in the photograph.”
“Oh, dear! That is very bad! Your Majesty has indeed committed an indiscretion.”
“I was mad―insane.”

ボヘミアの醜聞:セクション5・パート2:英文全文(人間の音声)

s5-p2-005-02

ボヘミアの醜聞・セクション5・パート3へ

ページトップへ戻る